片思いを叶える恋愛テクニック!-男性/女性-

片思い中の男性、女性をメールで口説く時の注意点とは?

スポンサーリンク

以前、電話でのクレーム処理や質問対応の仕事をしていたことがあるのですが、その時に使っていたテクニックに相手の名前を最初に聞いたあとは、お客様をお名前でお呼びするというものがありました。

 

 

名前を呼ぶことにより相手に語りかけているという感覚を高めて、事務的な対応にならないようにした方がスムーズに進むことが多いんです。
同じことがメール対応にも言えます。

 

「お客様〜」ではじまるメールを書くよりも、「●●様〜」と名前を呼びかけるメールの方がずっと最後まで問題なく取引を終えることができました。
これは片思いのメールにも同様に使えるテクニックです。

スポンサーリンク

名前を入れる一番大きなメリットは、事務的に対応しているのではないとアピールできることです。
人は自分に対する悪感情や手抜きには基本的に敏感です。

 

メール内容が誰にでも使えるような当たり障りのない文面だった場合、誰にでも同じメールを送っているんじゃないかと疑う人もいるでしょう。
そうした疑問を払しょくできるのが、名前を入れることなのです。

 

また名前を呼ぶことによって、相手に自分を身近な存在と認識してもらえるというメリットもあります。
特に苗字よりは名前、名前よりは日ごろ使われているニックネームなどで呼ぶ方がより親密感が高まります。

 

二人の距離感を名前の呼び方で探る人も多いでしょうから、なるべくできる限り身近に感じられるような呼び名で呼び合いましょう。

 

相手にあだ名がない時は、いっそ自分で付けてしまうのもいいかもしれません。
そのときは毒舌などは交えず、当たり障りのない名前にしておくのが無難です。

 

 

メールで口説くというのは、非常に高度なテクニックです。
またメールでは饒舌なのに実際合ってみると無口などのギャップは基本的にマイナスイメージです。

 

二面性がある人なんじゃないか、何か裏があるんじゃないか…そんな疑念を抱かせてしまうと、片思いの成就は遠ざかってしまいます。
顔が見えないからとキャラクターを作りすぎて、現実の自分とかけ離れないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

無料片思い占いで片思いの可能性を診断♪


片思いの恋が叶う可能性を占ってみませんか?
必要事項を入力するだけで簡単診断♪

あなたのお名前

あなたの性別
女性 男性
お相手のお名前

好きなところ



※「あなたのお名前」(あだ名も可)と、
「お相手のお名前」もしくは「好きなところ」が必須です。
詳細に書くほど正確な鑑定結果が出ます!

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る