好きな人との会話のキャッチボールをうまくする方法

好きな人と会話のキャッチボールをする!

スポンサーリンク

キャッチボールを実際やってみると、簡単そうに見えて難しいということがわかります。
まずは好きな人と自分の距離感を正しく把握していないと、距離が短かったり長かったりして好きな人にちゃんとボールが届きません。

 

 

次に投げる力や投げ方を工夫しないと、好きな人はボールを終えずにバウンドさせてしまったり取り損ねてしまったりということになります。
また好きな人から投げられるボールも同様で、好きな人が自分のことを考えて投げてくれていないとあっちこっち走らされる羽目になって、すぐに疲れてしまいます。
下手なキャッチボールを続けると心地良い疲れではなく、ぐったりへとへとになってしまう。

 

会話も同じです。

 

上手な会話はいつまでも続けていたい位楽しく、終わっても心地よい充足感が残ります。
しかしヘタクソな会話をつづけられた場合、好きな人も自分ももう嫌になって疲れ切ってしまうのです。

スポンサーリンク

 

キャッチボールと、会話…二つは似ていないように見えて共通点があります。
それは『好きな人を常に思いやること』です。

 

投げたいところにボールを投げていては、好きな人ばかりが走ることになって不満が募ります。
会話も同じです。

 

自分が話したいことばかり話して好きな人を振り回しては、好きな人は疲れきってしまうのです。
毎度そんな調子だと、あなた=疲れる人というイメージがついてしまっても仕方ありません。

 

そうして、そのイメージが付いてしまえばほぼ挽回は不可能、片思いの成就は大変難しくなってしまうのです。

 

 

キャッチボールのコツは、好きな人が取りやすい心地よいボールを投げること。
会話だと、好きな人の話しやすいテーマを選び、返事を返しやすい質問などをバランスよく挟みながら投げかけてあげることです。

 

あなたが話しやすい会話を投げかけていれば、好きな人もあなたに気を使ったやさしい言葉を返してくれます。
そうすれば二人の会話は自然と長く、そして楽しく続いていくはずです。

 

会話のキャッチボールをうまくするポイントというのは、まずはあなたがやさしい会話を好きな人に投げかけることなのです。

 

スポンサーリンク

無料片思い占いで片思いの可能性を診断♪


片思いの恋が叶う可能性を占ってみませんか?
必要事項を入力するだけで簡単診断♪

あなたのお名前

あなたの性別
女性 男性
お相手のお名前

好きなところ



※「あなたのお名前」(あだ名も可)と、
「お相手のお名前」もしくは「好きなところ」が必須です。
詳細に書くほど正確な鑑定結果が出ます!

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る