好きな人が二人っきりだと無口?沈黙の時間も必要なときがある

好きな人が二人っきりだと無口。この沈黙はどうしたら?

スポンサーリンク

沈黙が怖いという方は多いのではないでしょうか。
筆者も実はそのタイプで、あまり深く付き合っていない人の前では常にしゃべり続けてしまいます。

 

しかし、逆に気を許せる恋人や友人の前では無理して喋らなくていいので意外に黙ったまま時を過ごしても平気だったりします。
この差というものは、一体どこから来るのでしょうか。

 

それは相手に対する新密度の差と直結している気がします。
つまり、相手に嫌われてしまうかも、相手が気まずいかもと思うと沈黙が落ち着かないのです。

 

逆に相手はこんなことでは嫌いにならないし、相手もそう思っているから黙っているのだとわかっている時は逆になんとなくリラックスしたような気持ちで沈黙を楽しめます。

 

 

明石家さんまさんでもない限り、二十四時間話し続けられるなんて人はいません。
何度か会うだけの相手ならそんな関係でも場はもつでしょう。

 

しかし、これから付き合いたいと思っている相手に対していつまでもしゃべっていないと落ち着かないというような距離感では、付き合ってもすぐに疲れてしまい長続きしません。

 

沈黙が許される距離感に、二人の気持ちを持っていくこと。
それは大切なことなのです。

スポンサーリンク

沈黙の気まずさを生かして、相手との距離感をまずは図ってみましょう。
一瞬会話が途切れた時、何時もなら慌てて喋りはじめるタイミングでぐっと口を噤むのです。

 

別に何か飲み物を口に含んでもいいでしょう。

 

きっかけは何でもよく、ふとした瞬間に二人の間に沈黙を作り上げるのです。
相手もゆっくりと落ち着いて自分の時間を持っていたら、それはかなりあなたに心を許している証拠です。

 

反対に、相手がソワソワしだして慌てて喋り出した時、相手からあなたへの新密度はさほど上がっていないということになります。
もし相手が沈黙に耐えきれなかったからといって、がっかりすることはありません。

 

二人きりのデートに応じてくれるということは気持ちがあなたに少しはあるということです。
また一生懸命しゃべりかけてきた場合は、あなたに嫌われたくないという気持ちを持っている証拠にもなります。

 

ゆっくりと焦らずに距離を進めて行こうというような気分で、大きく構えて反応を受け止めましょう。

スポンサーリンク

無料片思い占いで片思いの可能性を診断♪


片思いの恋が叶う可能性を占ってみませんか?
必要事項を入力するだけで簡単診断♪

あなたのお名前

あなたの性別
女性 男性
お相手のお名前

好きなところ



※「あなたのお名前」(あだ名も可)と、
「お相手のお名前」もしくは「好きなところ」が必須です。
詳細に書くほど正確な鑑定結果が出ます!

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る